いまどき婚活はほんとうに必要?

就職活動をするように、結婚のために積極的に活動する「婚活」という言葉が社会的に認知されはじめた。

でも、婚活が広まったのは逆をかえせば結婚したくてもできない人が増えているという事実だ。「生涯未婚率」と呼ばれる50歳時の未婚率は平成17年で、男性15.96%、女性7.25%。将来、4人に1人が一生結婚しないという。

 

オーネット公式サイト

 未婚率が高くなった要因は、傷つきやすく受け身の男性が多くなったことや、女性の社会的地位が向上したこと、お見合いの機会が減った?などとされている。とにかく、さまざまな背景を理由に「結婚には婚活が必須の時代になった」というのだ。

 女性誌では「婚活」特集が花盛り、ドラマにもなった。自治体主催のお見合いパーティーも相次ぎ、婚活バーも登場、ネット婚活も人気、ゴミ拾いをしながら出会いのきっかけをつくる「エコ婚活」なんていうのもあるんだとか。

周りにも、婚活ブームに「なんとなく焦る」と背中を押された独身女性は少なくない。30代前半は、「婚活」という言葉に一番刺激を受けているといわれる世代という。実際にお見合いパーティーに参加してみた同じ歳の友人もいる。情報系企業で契約社員をしている31歳の友人は「みんな婚活してますよ」と、トーゼンといった表情だった。
 

一方で、婚活がブームのようにいわれることに違和感を覚える知人も多い。38歳の図書館で働く女性は「計算が働いた出会いに魅力は感じない。それで一生の相手を探すつもりにはなれないな」ときっぱり。そのとおり。結婚しない生き方だってある。

「よけいなお世話」と思う一方、両親の何かいいたそうな顔をみると、婚活も大事なのかーと思ったりと、揺れるひとも多いでしょう。やはり、婚活って必要!?

周りには内緒でそろそろ婚活を始めようかな!?

ただ、待っているだけじゃ、何も変わらない・・・
彼氏、彼女が出来ても相手が結婚を考えているとは限らない・・・

だったら、自分で結婚相手を本気で探してみませんか?

【無料★結婚力診断】の結婚チャンステスト!は簡単♪
成婚数も結婚相談所業界トップのオーネットなら、
1日約10人、5組のカップルが成婚。

たった数分の作業で、あなたの人生が変わる

オーネットチャンステスト・資料請求の詳細はコチラ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

,

カテゴリ:婚活

« サイトを通じて知り合って結婚♪ネット婚夫婦なんて本当にいるの? | ホーム | じつは看護師さんも「出会いがない!」結婚難職場 »

このページの先頭へ

イメージ画像